お知らせ

爽爽荘職員のPCR検査陽性者発生について(第1報)

 日頃より当法人の運営に対しまして、ご理解とご協力を賜りまして心より御礼申し上げます。

介護保険改正に伴う利用料金変更について

令和3年4月~介護保険改正に伴う利用料金が変更になりました。

コロナウィルス感染防止のため面会制限について

コロナウィルスの感染予防のため直接お会いしての面会は中止させていただいていますが

年末年始につきまして

新型コロナウィルスの感染防止の観点から年末年始の外出・外泊はご遠慮下さい。

ショートステイ・デイサービス空き情報のお知らせ

ショートステイ・デイサービスの空き情報をお知らせします。

コロナウィルス感染防止のため面会制限について

コロナウィルスの感染予防のため直接お会いしての面会は中止させていただいていますが、

コロナウィルス感染防止のため面会制限について

コロナウィルスの感染予防のため当面の間面会は中止させていただいています。

ショートステイ・デイサービス空き情報のお知らせ

ショートステイ・デイサービスの空き情報をお知らせします。

コロナウィルス感染防止のため面会制限について

コロナウィルスの感染予防のため当面の間面会は中止させていただいています。

デイサービス空き情報のお知らせ

さわやかサービスセンターの2月現在の空き情報をお知らせします。

メールアドレス変更

いつも大変お世話になっております。

誕生会

今日は、3名の利用者さま(10月生まれ)の「誕生会」を行いました。

本日は「敬老の日」

今日9月17日は、国民の祝日「敬老の日」。

第20回 納涼祭を行いました

恒例の「第20回 爽爽荘納涼祭」が8月25日(土)16時~18時、施設や敷地内を使って行われました。


採用情報

ケアスタッフ(正職員・パート)

爽爽荘 ご予約状況
ショートステイ デイサービス ○空きあり △若干空きあり ×空きなし

爽爽荘について

爽爽荘

当施設は、閑静で緑豊かな環境にあり、四季の草花に彩られた敷地の中にある特別養護老人ホームです。居宅介護支援やショートステイ、デイサービスなど複合的な介護福祉サービスを通じて、お一人おひとりの生活を大切にし笑顔あふれるひとときと心の通ったサービスを提供いたします。

また、関係する福祉、保健医療、行政との連携を密にしてサービスの質の向上を図り、安全・安心かつ快適な暮らしと、ご自分らしさを尊重した生活支援を提供いたします。


〒182-0036 東京都調布市飛田給3丁目37番地1 [ アクセスマップ
TEL : 042-480-3011 / FAX : 042-480-5203
敷地面積 2,486.17㎡ / 建物面積 730㎡ / 建物構造 鉄筋コンクリート造
・京王線 飛田給駅より徒歩10分 ・西調布駅より徒歩15分

サービス紹介

特別養護老人ホーム

65歳以上及び40歳以上65歳未満の特定疾病を持つ方で、身体面又は精神面によって常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受けることが困難な方が「安心して心豊かに暮らせる」よう生活援助、介護等を行う施設です。

診療科目画像2

短期入所生活介護
( ショートステイ )

在宅で介護されている方が、事情により一時的に介護する事ができなくなった場合、あるいは介護疲れがたまり息抜きが必要になった場合など、ご家族に代わってご高齢の方の介護をさせていただきます。

診療科目画像3

デイサービス

65歳以上及び40歳以上65歳未満の特定疾病を持つ方で、居宅において、ご本人の有する能力に応じ自立した日常生活を営むことが出来るようお手伝いする施設です。
 

施設のご案内

当院について画像1

居住スペース
(ホーム・ショートステイ共通)

清潔で心地よい広い居住空間は、毎日の生活に安らぎとうるおいを与えてくれます。

共通サービス内容

嘱託の歯科医師による定期的な歯科健康管理を行っています。
 

機能訓練室

残存機能の低下を防ぐ為レクリエーションを中心にリハビリを行います。
 

浴室

座ったまま、寝たまま お入りいただける機械浴室と大浴場があり、こちらには備付のリフトがありそのまま浸かっていただけます。ご利用者の身体状況に応じて安心してお入りいただけます。

行事・クラブ

春には花見、秋には紅葉狩りなど季節ごとの外出の他、施設内でも諸々の行事をお楽しみいただけます。その他日常的に音楽、絵画、書道などのクラブ活動を行っております。

行事・クラブ

夏は調布の花火大会、普段はアクティビティが楽しめます。
 
 
 

ギャラリー

c1
c2
c3
c4
c5
c6
c7
c8
c9
表札画像
施設画像

ご挨拶

爽爽荘 施設長 大槻 暉子

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」日本国憲法第25条に掲げられている国民の生存権です。
老人福祉法、また介護保険法であれ、日本の福祉施策は全てこれに依拠しています。
私共の様な施設もこの法律を根拠として成り立っています。
施設の運営主体の一員として、条文中にある「最低限度の生活」を送って頂けるようにサポートさえすれば事足りるのであろうか。
また、「最低限度」とはいったいどの程度のものなのか、これらを開設前、常に自問自答をし続けてきました。しかし、開設後はそのような事を考えている暇もなく、とりあえず「自分でも利用したくなるようなホーム作り」をスローガンに悪戦苦闘の毎日を送っています。
幸いなことに、弊施設は介護老人福祉施設として最小規模だと思われる30床を満床としております。家族的なつながりを持て、過不足無く目が行き届き、人間 が最も自然に集団として構成し得るのは30人程度が望ましいと言われています。小、中、高校の教育現場も1クラス30人を目標にしておりますし、福祉先進 国である北欧諸国における老人ホームやグループホームでも入居定員を12~30人にしていることからも解るように、やはり30人が適当な数字なのではない でしょうか。
少ないから、小さいからこそ出来る「かゆいところに手が届く」サービスを提供するに適した土壌にいると言っても過言ではないでしょう。
このようなフットワークの軽さに加え、弊施設は立地的にも学校、住宅に囲まれております。
地域社会のつながりが薄れてきていると叫ばれて久しい昨今ですが、この恵まれた環境の中で、幣施設が地域コミュニティー再構築における、かすがいの様な存在に成れればと、せん越ながら思っております。
以上、多少自画自賛な部分もあったかと思いますが、これを、私共にとっての立ち返るべきスタンダード、所信表明とさせて頂きます。この先、私共が障壁にぶつかったり、困難な状況に陥った時、より一層のご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

経営理念

爽爽荘の建つこの辺りは昔、多摩川の支流が縦横に幾重にもなる広々とした所でした。かの地に佇むと、聞こえてくるのは、小川のせせらぎと、風のそよぐ音だけだったそうです。
私ども社会福祉法人 淙広会の名前は荘の建つこの地域の昔の風景、「広々としたところで水の流れているさま」からイメージして付けられました。
「水」といえば「上善水如」という熟語があります。水は人々の嫌がる低い位置に身をおき、円い器に入れば円くなり、四角い器に入れば四角くなると言ったように、
決して万物と争わない柔軟性を持った最上に善い存在なのです。淙広会としてはこうした姿勢を忘れずに、時代の変化にも柔軟に対応していきたいと考えております。
時代の変化といえば弊荘の建つこのあたりでは今でこそ、小川のせせらぎは聞こえなくなりましたが、隣接した小学校の登下校時、そして休み時間にな ると、児童達の元気な声を多摩川から吹く爽やかな風が運んできます。四季を肌で感じられ、コミュニティーの一員だと、いつまでも実感できる、淙広会はその ような施設運営を今後も行っていきたい。


アクセス

京王線 飛田給駅より徒歩10分
西調布駅より徒歩15分